グラステムセルに含まれるEGF(合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1)の効果とは?

EGF

グラステムセルのEGFには実は歴史があります

グラステムセルのEGF
アメリカのスタンレー・コーエン博士によって1962年に発見された物質で、元々はたんぱく質として確認されました。

その後
博士はEGFの発見で1986年ノーベル医学生理学賞を受賞、日本で2006年に化粧品成分として認定されています。

今でこそ化粧品の成分表で見掛けることのあるEGFですが、発見された当時は1gあたり8000万円と超高額でした。

正式名称はヒトオリゴペプチドといい
日本語で表皮細胞増殖因子と呼ばれるものです。

主な働きは名前の通り、表皮細胞の増殖を促進するもので、長らく研究対象になっています。

発見当初から実に半世紀以上が過ぎていますし
長年の研究が形になっているので、EGFは歴史がある信頼性の高い成分だと分かります。

EGFってどんな成分なのか?

EGFはとは具体的にどのような成分かといえば
新しい細胞を作る促進をしたり、細胞の修復を担うものだといえます。

たんぱく質の一種なので、割と身近に存在していますし
実は体内にもあるごくありふれた成分です。

肌だけでなく健康においても重要で、なくてはならない成分ですが、残念なことに年齢と共に減少していく傾向です。
体内に多く存在するピークは赤ちゃんの頃で、そこから25歳あたりを境に急激な減少をきたします。

EGFが減少すると、美容成分を代表するヒアルロン酸、そしてコラーゲンといったたんぱく質の生成も減少するので、相乗的にお肌の状態が変わっていきます。
一般的にいわれる代謝の低下とは、細胞の修復が遅くなったり、肌に蓄積するダメージの遅れを言葉で表したものです。

更に、日焼け跡が消えるのが遅い、シミが増えて目立つようになるなど、気になる肌の変化が次々と起こります。
赤ちゃんはこれらの悩みと無縁ですが、その理由はやはりEGFによるところが大きいわけです。

EGFを塗ることでどんな効果がある?

EGFを肌に塗ると
ターンオーバーが促進されて毛穴の開きや肌の老化、小じわにシミなどの肌トラブルが改善へと導かれます。
ターンオーバーは肌表面の生まれ変わりのことで、正常な肌だと28日で1サイクルといわれています。

ところが、生活習慣の乱れや加齢によって、この周期は遅くなります。
ターンオーバーとは細胞が入れ替わるタイミングですから、周期が遅れると肌トラブルが発生しやすくなるといえます。

つまり、ターンオーバーを促進するEGFを塗れば、表皮細胞が新しく生まれ、代謝のペースが速くなって古く傷んだ肌細胞が入れ替わります。
肌細胞の働きが正常に保たれると、潤いが増したり肌に透明感が出るなど、嬉しい変化が実感可能です。

他にも、ハリが増したり自然なツヤが出てくるといった、理想的な肌に近づく変化が現れるでしょう。
当然ながら実感は人それぞれ異なりますが、年齢により感じていた肌トラブルが、少しずつ改善を見せるものと考えられます。

毛穴の開きの変化は気が付きやすいので、毎日鏡を見ていれば、やがて毛穴が小さくなったり目立ちにくく感じられるでしょう。
肌の老化は様々なトラブルを引き起こしますが、EGFを塗ることで例えば小じわが浅く影が薄くなったり、シミが薄く境目が分かりにくくなるはずです。

このように、EGFは肌の健康にとって万能ともいえますし、複数の悩みを一挙に解決するだけの力を持っています。
既に化粧品の成分として実用化されていますし、優れた働きや安全性が確認済みなので、実績や実力は本物だと思われます。

肌の健康を守る強力な成分ですが、体内に存在している安心感がありますから、肌に塗る抵抗感はないといえるでしょう。
イメージ的には、体内のEGFを外から補う感じで、化粧品によって供給できます。

加齢現象は誰もが直面するもので避けられませんが
EGFを上手く活用すると、それを遅らせたり若々しく過ごせる時間が長く保てるようになります。

EGFの効果を引き出すには?

EGFの効果は、60日間塗布を目安に使用することが、最も基本的で大切なポイントとなります。
60日間塗布を毎日連続して行うと、表皮細胞の成長率が通常と比べて300%近くまで上昇するといわれています。

EGFにはFGFという似たような働きをする成分が存在しますが、これもまた体内に存在するたんぱく質の一種です。
FGFの不足はコラーゲンの生成能力低下を引き起こすので、EGFと同じく肌トラブルの引き金になります。

EGFはFGFと共に、アメリカにおいて皮膚老化を抑制する方法の特許が取得済みです。
アメリカでは特許で有用性が認められていますし、FGFを一緒に使用することが推奨されています。

約2ヶ月間の使用が基本となりますが
EGFとFGFを併用することで、さらなる肌改善の効果に期待できます。

逆にいうと
短期間で変化を望むのは難しく、FGF単体では効果が最大限に引き出せないことを意味します。

勿論、単体でも使うのと使わないのとでは、肌の状態に大きな違いが見られるでしょう。

グラステムセルに含まれるEGFのまとめ

グラステムセルに含まれているEGFは
細胞成長因子のグロースファクターで、この商品は3種類も配合しています。

いわゆるヒト幹細胞美容液の1つで、年齢サインに対して驚きの効果を与えるように作られました。

プロも唸る高濃度ヒト幹細胞美容液ですから、とても贅沢な美容ケアアイテムです。

グラステムセルには、ヒト幹細胞培養エキスのブースターとして、グロースファクターの一種KGFも含まれています。

当然ながらFGFも配合済みですから、EGFと合わせて相乗的に肌細胞の成長と肌の改善が促進されます。
グラステムセルを使用すると、毎日のスキンケアでEGFの不足を補えますし、自己の肌再生能力のサポートが行えます。

👉グラステムセルの口コミ評価や成分の効果をチェック